思っていること

僕とカメラ 1日目 「神田明神と上野をめぐる」

一応新企画。新カテゴリー。

ルールはカメラで撮った写真を編集せずそのままあげるということ。そしてその時思ったことを一緒に書く。ただそれだけ。なので写真をあげるだけの全くメッセージ性のない日記のような記事です。おヒマな方はどーぞ見てってください。

[su_spacer size=”30″]

神様への願いは過去に遡れるか

つい先日御茶ノ水までSPI能力検査へ行ってきました。結果はおそらく散々。これが企業に送られると思うと本気で選考して下さっている方々に申し訳ないという気持ちでいっぱいになります。

でもまだチャンスはあるかなと。

それは神頼み。大学生特有のワンチャンを神に託そうと思い、足を運びました。

そんなこんなで歩いて神田明神へ。御茶ノ水駅からかなり近い。まず見えるのは立派な造りの建物。綺麗だなぁと思い、思わず一枚。

そこでふと思う。神社って普通に撮影していいものなんだろうか。もし撮影してはいけないとしたら企画倒れだなとか色々考えていると、隣に「Japan」と書かれたTシャツの外国人の方がいらっしゃった。その方は僕の横でバシャバシャと撮っています。そんな姿を見て、なんか色々と考えていることが馬鹿らしくなりました。

外国の方ありがとう。

その後は僕も撮影を続けました。「神様も自分の祠の写真が美しいなら喜ぶだろう」という人間の汚い解釈をして。

でもまずはお詣り。手水舎で清めた後はいざ。(手が濡れたから後で撮影しようと思っていたらすっかり忘れるミス)二例二拍手一礼にそってお詣りします。今回なんと10円で願い事3つ。コスパいいですね。

「さっきのSPIの点数が奇跡的にいいみたいなことありますように」
「神様、今から神社撮りますけどよろしくお願いします」
「ブログが人気になりますように」

SPIはもう受けてきたので過去のこと。それでも神頼みは効くのかなと思いながら参拝します。効いたらいいですよね。

さて参拝を終えたので写真を撮っていきます。

こんな感じ。まだまだカメラの性能と角度を理解していないなぁという感じです。納得はしていない写真です。

愛されるということ

神田明神といえば、秋葉原から近いことやアイドルアニメにそれらしき描写で描かれていたりされたこともあってアニメファンからも愛されています。そのこともあってアニメ絵を神社内で見かけます。また、絵馬にもみなさん上手な絵を描いてあって驚きます。クオリティの高いものばかり。写真は明るすぎて光が飛んでしまっているのが、本当に下手ですね…。精進します…。

僕はそんな色んな絵馬がたくさんかけてあるのを見て、いろんな人のいろんな願いが集まっていることにパワーをもらえる気がします。僕も頑張らねばと。

馬がかわいい

見出しをつけるほどのことではないのですけど、馬がいたので一枚。とってもかわいかったです。アニマルセラピーという言葉があるように動物には癒しの力が備わっています。今日は馬にもパワーをもらいました。

僕みたいなひねくれ者は裏が似合う

ぐるっと一周していると裏にも鳥居が。これがまた風情があってよかったです。

この写真は我ながらよく撮れていると思います。今回のサムネイルもこの写真で決まりです。正面の大きなものよりこれくらいの方が僕に合っているように感じます。

上野までの道は短い

時間もあったので写真を撮るために上野へ行きました。また歩いて。18分くらいかかった気がしますが、全然短いなと感じました。人によっては長いかもですけど。

まず見えてきたのが上野動物園。僕はこの後予定があったので動物園の中には入りませんでした。そもそも僕は上野動物園に入ったことが一度もないので、機会があれば今度シャンシャンにでも会いに行こうかななんて思います。

自然の中を歩く 色んな人に出会う

自然溢れる上野公園。そこで目を引くものが。

バルーンアートです。これが演出が凝っていてストリートパフォーマンスながらずっと見てしまいました。最初この人何作ってんだと思っていたのですが、最後に広げて納得。ツルでしたか。後ろの女性の音楽と合わせた演出で引き込まれました。

子供達が食い入るように見ている姿に負けないくらい隣で見てきました。そんなことしていたら待ち合わせの時間が迫ってきていたので、僕は途中で退散。非常に残念でした。

「西郷どん」人気は確か

大河ドラマといえばご年配の方を中心に多くの人を魅了するドラマ。今現在は西郷隆盛にフィーチャーした作品です。そのこともあって西郷隆盛像に人がたくさん。一緒に写真を撮る時もまるでジャニーズを相手にしているかのようなはしゃぎ方。見ていてほのぼのとしました。人気が分かるように人を入れての撮影。顔が入ってしまった方は肖像権を考慮して少し編集しました。

最後に

トラックの下に猫が。「危ないよー」と声をかけても御構い無し。カメラを構えると、威嚇のようなカメラ目線をしてくれました。かわいいなと浸っていると集合時間がギリギリまで迫っていたので急いで上野駅まで走りました。

少しの時間でしたが上野はとてもいい街だなと思いました。また時間あるときに美術館やらなんでも回りたいなぁ。

さて、いかがでしたか。こんな感じのおもしろみもないただの日記は。一応シリーズとして「僕とカメラ」で不定期でやっていきたいと思います。最後まで読んでくださった方、お付き合いありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です