機械のもの

成分的には吸う飴。ニコチンフリーの電子タバコ『myblu』を非喫煙者が試してみた。

東京オリンピックの影響もあってか喫煙者が煙たがれる時代になってきました。たばこ税も年々増加を続け、「喫煙者」であることを世間が否定しているような空気を少しづつ感じています。

かくいう僕は非喫煙者。少し吸ったことはありますが、ゲホゲホむせてしまうので常習的に吸おうと思ったことはありません。でも映画やら漫画などでタバコの表現を見るたびにかっこいいなぁと思うし、タバコミュニケーションというものを羨ましく思ってみていた人間です。

だからせめてタバコミュニケーションに混ざることを考えた時に行き着いたのが、今回紹介する「myblu」です。

僕の喫煙者の視点のレビュー記事ではなく、非喫煙者の視点からのレビューをぜひ一読ください。

ニコチンフリー・タールフリーの電子タバコ『myblu』

インペリアルタバコが販売している電子タバコ(VAPE)のブランドです。この商品は電子タバコなので、厳密にいうとプルーム・テックやiQOSなどとは異なります。

電子タバコ(VAPE)とは

VAPEはリキッド(液体)を蒸気に変えてそれを吸い込む機器。日本においてニコチンを含むリキッドの販売は禁止されているので、国内で流通しているVAPEはニコチン・タールフリーです。
そのため、アイコスやプルーム・テックなどのニコチンを含む加熱式タバコとは厳密にいうと異なります。
ニコチンフリーのVAPEはタバコというよりもアロマ機器とも呼ばれ、体への影響も現在では確認できていません。VAPEの構造上、香りのついた水蒸気を吸っているに過ぎず、香料も食品に使われる量なので体への悪影響というのは考えづらいです。しかしながら、VAPEの歴史というものはまだまだ浅く、今後何か研究が進んで体への影響があるとなってもおかしくはないでしょう。その辺の認識は頭の片隅に入れて使用することが望ましいです。

もちろんmybluもVAPEなのでニコチン・タールフリーです。インペリアルタバコジャパンによるとリキッドに使われているのは食品添加物など普段口にするものを主成分としているので、「吸う飴」として考えてもらっても構わないということらしいです。ただしタバコとして販売しているため、未成年や妊婦の使用は避けるようにアナウンスしていますのでご注意を。

価格はスターターキット【本体、メンソールポッド、充電用USBケーブル】は2700円と意外とリーズナブル。最新のアイコスが約8000円、プルーム・テックが3000円ですので、初期費用としては安い方だと思います。

コンビニで買える電子タバコ

VAPEは日本であまり普及していません。しかしながらmybluは一部のコンビニで購入できます。リキッドが無くなったらコンビニに寄って補充。これは普段使いするなら利便性高いと思います。

ただ、一部のコンビニが本当に一部すぎて、売っているコンビニを探すのは少し大変かもしれません。僕はたまたま利用するコンビニに売っていただけで、基本的にはAmazonや楽天などで購入した方がいいかもしれません。

吸うのに面倒なことがない

リキッドが無くなったらフレーバーポッドを引っ張って外して、また上から新しいものをカシャっと装着するだけ。本当に簡単です。

また吸う時にも電源をつける必要はなく、ただ吸うだけで電源が入ります。非喫煙者にとって吸うのに手順があったりすると分からなくなってしまいそうですが、そんな心配は要りません。

あまりにも簡単に吸えるので、ふとした時とかにmybluに手を伸ばしてしまったりします。ヘビースモーカーの方は手を離さず、いつまでも吸ってしまうんじゃないかなと思いました。

高速充電で使いやすい

mybluは簡単という特徴に加えて、長く吸えるというのも特徴的ではないかなと思います。

・20分で充電完了。約300回の吸引が可能に。
・一つのフレーバーポッドは約300回の吸引が可能。

20分で充電完了というのはかなり早くていいですよね。端子はmicroUSBと汎用性のある端子が使われています。

上のスペックを見た感じ、一度の充電で一つもフレーバーというイメージで設計されているのがよく分かります。実際の使用感は多少異なるのですが。

10種類から選べるフレーバー

甘いものからタバコの味を再現したもの、メンソールといったバラエティー豊富のフレーバーがあります。

  • メンソール味
  • ストロングメンソール味
  • タバコ味
  • アイスミント味
  • アイスベリー味
  • カフェラテ味
  • チェリークラッシュ味
  • グリーンアップル味
  • マンゴーアプリコット味
  • タバコバニラ味

スターターキットを購入するとついてくるのはメンソール味です。スタンダードな味で軽くスッっとする感覚が味わえます。例えとして合っているかは分かりせんが、ミンティアを食べて1分後くらいのスッと感。そこまで強い訳ではありません。

それぞれのフレーバーポッドは2つ入りで920円です。タバコを普段から買われる人からしたらそうでもないのかもしれませんが、非喫煙者からしたら少し高いなぁという感じです。

すべてのフレーバーを購入して味を楽しんだわけではないですが、個人的にはグリーンアップルとストロングメンソール味が結構好きな味でした。ひとつのフレーバーを試すために1000円近くの値段は出しづらいですね…。

グリーンアップルは安っぽいお菓子の味のというか…甘いお菓子好きは好きそうな味です。甘ったるくらい甘くて美味しい。

ストロングメンソールは喉の刺さる爽快感がとても気持ちよく、リフレッシュには最適な味だと感じました。

myblu フレーバーポッド 【ストロングメンソール】

1ヶ月使ってみて

ここが好き

  • 持ちやすく、持ち運びやすいデザイン
  • 「ヤニクラ」を感じない
  • 爆煙で満足感がある
  • タバコミュニケーションには確実に混ざれる

ここがイマイチ

  • 吸い口がむき出しで衛生面が気になる
  • リキッドが漏れて?少し苦みを感じる時がある
  • やっぱりフレーバーポッドが少し高い
  • ニコチンフリーでも喫煙所など非喫煙者に配慮しなければならない

非喫煙者が一言で表すなら「悪くないな」っていうのが正直な感想です。

当初の目的である「タバコミュニケーションに混ざる」というのは大成功。喫煙者と一緒にmybluを吸っていると「何それ」っていう感じでほぼ確実に話題になります。

ただ、mybluはニコチンフリーだからといって道端など公共のスペースで吸うことは厳禁です。外で吸う場合は喫煙席のあるお店や喫煙所で吸わなければなりません。非喫煙者の僕はこの点が面倒で、普段から外に持ち出す気にならず…。

家では窓あけて吸えばいいので、ゲームで行き詰まった時など気分転換のタイミングで吸うのが気に入っています。

mybluは自分が思ったよりも僕の生活の中に入ってきました。喫煙の習慣のない人でも僕のようにガムとかグミなどお菓子をよく食べる人は、mybluが生活の中に馴染むのかもしれません。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

Amazonでチェックする

関連記事